高齢者の知恵

高齢者の独り言ブログです。

本当に治る? スギ花粉症の舌下免疫療法とは?

      2016/03/25






本当に治る? スギ花粉症の舌下免疫療法とは?


sugi[1]


若い頃はスギ花粉症ではなかった私。

65歳になっていきなり重度のスギ花粉症に。

ここ数年、目のかゆみや鼻づまりに

悩まされています。




最近、スギ花粉症の舌下免疫療法と

いう治療法を知りました
ので

同じ症状の方と共有したいと思います。





スギ花粉症の舌下免疫療法とは?


免疫療法とは、アレルギーを起こす原因に

対する治療用エキスを、少ない量から

徐々に増やしながら、体内に入れていく

治療法です。






スギ花粉症に対する免疫療法には、

 ・注射で行う皮下法

 ・舌の下に薬を置いて粘膜から吸収させる舌下法

2種類があります。





皮下法では、週に1、2回の頻度で

4〜5ヵ月間注射し、以降は1ヵ月に

1回の頻度で注射し続けます。





舌下法では、最初の1回目を病院で実施し、

副作用の無いことを確認したうえで、

以後は毎日自宅で行い、月に1回通院して

処方を受けます。


01ae8a3ee550d0fed5a268f6f63205c3b21966ff[1]


自宅で行う舌下法は、決められたスケジュールに

のっとり、最初の2週間で徐々に料を増やし、

3週目以降は同じ量を継続します。





舌下法は自宅で行えるという気軽さはありますが、

その分、特に根気が必要
になります。





舌下法は皮下法に比べて副作用のリスクが低く、

2014年に保険適用
になってから

処方できる病院が増えています。





年間の薬代は、3割負担の方で2万円ぐらいです。





2016年3月現在、舌下法の保険適用は

12歳以上のスギ花粉症の方
が対象になります。





治療開始は、スギ花粉の飛散が落ち着いた頃

になりますので、ちょうど今頃からです。




免疫療法は、オフシーズンも継続しなければ

なりません。





3〜5年続けると、中止後も同じくらいの期間

効果が持続します。





全ての方に効果があるわけではありませんが

7割ぐらいの方には何等かの効果を実感

していただけるそうです。





スギ花粉症対策には、他にも対処療法などが

ありますが、免疫療法を続ける根気のある方は

治療の選択肢に入れてみてください。











 - シニアのあんしん

ツールバーへスキップ