高齢者の知恵

高齢者の独り言ブログです。

消費者トラブル マイナンバー制度 あいつぐマイナンバー詐欺

   







消費者トラブル マイナンバー制度 あいつぐマイナンバー詐欺



「マイナンバー制度に関して、
個人情報を調査中です」

という女性の訪問を受け、

資産や保険について尋ねられてので

うっかり答えてしまった。

(60代女性)






不審な来訪やメールに注意を



マイナンバーの通知や利用手続きなどで

国や自治体の職員が家族構成、資産や

年金や保険の状況などを訪ねたり、

自宅を訪れたりすることはありません






このような不審な来訪は、即、断りましょう





もし、うっかり答えてしまうと、後々、

金銭を請求される詐欺に遭う危険が

あります。





請求を受けたら、金銭は支払わず、

即、警察に通報しましょう。





この他にも、マイナンバーに関して、

 ・「マイナンバー手続きをしていないと
  刑事問題になる可能性がある」

 ・「あなたのマイナンバーが漏えいしている。
  情報を削除するためには手数料が必要」

という手口が報告されている。





また、まるでマイナンバーの手続きに必要

であるかのように装って、別のサイトへの

アクセスを誘導する不信なメールも報告

されています。





もし、マイナンバー関連をうたったメールが

送られてきても
、自分の勤務先など送付者が

明らかな場合を除き、安易に開封せず、

記載されたサイトのアドレスにアクセスしたり

相手に連絡を取るのは最悪の方法です。






マイナンバーカード発行やセキュリティー

対策に関して、代金を請求されることはないので

金銭を要求された場合は詐欺を疑い、決して

支払わないでください。






マイナンバーに関わらず、不審な電話はすぐに切り

来訪の申し出があっても、断りましょう。







このように、少しでも不安を感じたら、

すぐに近くの消費生活センターに

相談しましょう。






消費者ホットラインは、188

近くの消費生活センターの窓口につながります。





マイナンバーに関することは、

マイナンバー総合フリーダイアル

0120・95・0178(無料)

で受け付けていますよ。



詐欺・セールス(ILM22_AB03003)[1]






 - マイナンバー制度

ツールバーへスキップ