高齢者の知恵

高齢者の独り言ブログです。

ジカ熱 小頭症以外の難病とも関連濃厚 ギラン・バレー症候群とは?

   





ジカ熱 小頭症以外の難病とも関連濃厚


ジカ熱が新生児の小頭症だけでなく

手足のまひなどを伴う難病

「ギラン・バレー症候群」
の発症とも

関連がある可能性が最新の研究で

濃厚になってきた。







ギラン・バレー症候群 WHOが懸念


手足のまひなどを伴う難病

「ギラン・バレー症候群」
の発症とも

関連がある可能性が最新の研究で

濃厚になってきた。




この問題で、世界保健機関(WHO)も

懸念
を強めており、感染国・地域の住民

に注意を呼びかけている。




フランスのパスツール研究所などの

グループが2016年2月29日の

英国医学誌ランセット電子版に発表

した。





それによると、2013〜2014年に

ジカ熱が流行したフランス領ポリネシア

ギラン・バレー症候群を発症した42人

全員がジカウィルスの感染を示す抗体を

持っていた。





またギラン・バレー症候群の発症率

10万人当たり1〜4人程度なのに対し

ポリネシアでジカ熱が流行した当時は

24人程度に急増したという。





WHOでジカ熱対応チームのトップを

務めるエイルワード氏は3月4日の

ジュネーブでの記者会見で、「関連の

ある疑いがより濃厚になった」
と話した。





WHOによると、中南米を中心に

世界47カ国・地域で現在、蚊に刺されて

感染した患者が発生している。





うちブラジルやコロンビア、エルサルバドル

など数カ国・地域でギラン・バレー症候群

の病例が増加している。




d3c67e867daacd014035a60836a8be12[1]



ギラン・バレー症候群とは?


筋肉を動かす運動神経の障害のため、
きゅうに手や足に力が入らなくなる
病気。


日本では厚生労働省指定難病の一つ。


詳しい原因は不明だが、感染症などが
きっかけとなって免疫のシステムが
異常をきたし、神経を攻撃することで
引き起こされていると考えられている。


呼吸困難を伴う重症の場合、1年以上
経っても回復せず、手足に障害が残る
こともある。


女優の大原麗子さん(故人)もかかった
ことが知られている。



DSC07724[1]







 - ジカ熱

ツールバーへスキップ