高齢者の知恵

高齢者の独り言ブログです。

難関中学受験 しんどい進学塾通い 息子は疲れています

      2016/03/10







難関中学受験 しんどい進学塾通い 息子は疲れています






こんばんは。

「徳さん」です





今日、息子は

国語の通常授業と算数2の通常授業

受けてきました。





17時05分から21時05分まで。




弁当持ちです。



=====================================



息子は疲れています



今日は、

17時05分から21時05分まで

でしたが、




通塾時間を考えると

かなり長い

拘束時間です。





はたして

体力と気力が

最後まで持つかどうか。




少しの不安はあります。



=====================================



具体的に拘束時間数は何時間?


実は、

通常授業と最レとでは

受ける教室の場所が

違います。





通常授業は

全ての教室で

授業がありますが





最レは

大規模校(中心校、本校)でのみ

行われます。





息子の場合、

月、水、金の通常授業はA校で、

火、土の最レはB校で

授業を受けます。





A校までは車で最低30分。




B校までは車で最低50分。




送迎バスや公共交通機関という

方法もありますが

最レは送迎バスはありませんし、

交通機関では

時間がかかりすぎます。






結局は車でということに

なります。





この通塾時間を考えると

(当然ロスタイムも出ますし)

 ・月   6時10分出発、9時40分帰宅。

      拘束時間 3時間30分。


 ・火   5時50分出発、10時20分帰宅。

      拘束時間 4時間30分。


 ・水   4時10分出発、9時40分帰宅。

      拘束時間 5時間30分。


 ・木   今のところ休み


 ・金   6時10分出発、9時40分帰宅。

      拘束時間 3時間30分。


 ・土   1時40分出発、10時40分帰宅。

      拘束時間 9時間00分。


 ・日   今のところ休み

      ただし、第2日曜は公開学力テストあり

      公開学力テスト日は、

      1時40分出発、6時00分帰宅。

      拘束時間 4時間20分。




となり、

1週間合計の拘束時間数は

26時間00分






公開学力テストのある週は

拘束時間数合計30時間20分






これは

通塾だけの

拘束時間数です。





実際には

毎日家庭で

復習をしているわけですから、
  
    



塾に関する拘束時間数は

週40時間にも

なります。





小学校での拘束時間が

1日平均9時間。




小学校は週5日ですので、

9×5=45




学校とほとんど

かわりありません。





これは、今のところ

木、日が休みでの

計算です。





4月からは

毎週木曜日に

新しく

講座を受講する予定です。





さらに、月2回の日曜日にも

新しく講座を受講する

予定です。





そうなると

小学校での拘束時間を

はるかに超えてしまいます。






息子に気力と体力が

あるのかどうか。





ほんの少しの

不安があります



 

=====================================


今日も最後まで

お読みいただきまして

ありがとうございました。




続きはまたあした。





goukaku-lab_2015-09-06_03-24-49-300x300[1]






 - 中学受験

ツールバーへスキップ