高齢者の知恵

高齢者の独り言ブログです。

電力自由化 安くて安全な新電力はどこ? 環境配慮型の新電力はどこ?

   





電力自由化 安くて安全な新電力はどこ? 環境配慮型の新電力はどこ?



2016年4月1日から、電力小売りが
全面自由化され、一般家庭でも新電力会社
から電気を買えるようになる。


ryokin_enecho_sj[1]




安さだけでは決められない


2016年4月の時点で、兵庫県内で
一般家庭が利用できる新電力は
10〜15社になりそうだ。


その大部分の会社の料金は、多くの電気を
使う家庭ほど関電より安くなるように設定
され、試算してみたが、特に月300㌗
以上の家庭の恩恵が大きい。



各社の料金を試算してみたが、わが家の
場合、au、はりま電力、ソフトバンクの
順に安い。


ただ、auとソフトバンクはその通信
サービスの利用が契約の前提なので、ドコモ
のわが家は該当しない。



はりま電力は兵庫県姫路市のガス販売会社の
子会社だが、近畿一円から利用できる。


電気の品質は全社均一だから、安さを追求
するなら
、はりま電力は大きな選択肢になる。


一方で、前述のとおり、15年の販売実績と
豊富な自社電源を持っている大阪ガス

大きな選択肢であることは間違いない。


d_08823049[1]





安さだけでいいのか新電力


消費者がただ安さだけを追い求めると、
石炭火力発電など、安価だが環境破壊に
直結する発電方式に走るのでは?
という心配が浮かぶ。



電源構成など乏しい情報を開示する新電力の努力

新電力は料金競争の一方で、太陽光、風力、
水力といった再生可能エネルギー主体の
電源構成を前面に打ち出し、主要電源として

火力に原子力を順次加えようとする関電
など既存電力会社との差別化を図る企業
も多い。


例えば、神戸市東灘区のエネルギー関連
ベンチャー、洸陽電気は自社で開発した
太陽光、地熱などの発電所で発電した電力
を売りにしている。


はりま電力(前出 姫路市)は地域の太陽光
発電の電気を積極的に買い取り、「電力の
地産地消」を呼びかけている。


消費者が環境への配慮の高い電力会社を
選ぶことで、再生エネルギーの普及を
後押しできる
というのも、電力自由化で
期待されるメリットの一つだ。


ただ、現状、消費者にこの部分での情報
開示量が少ないのでは?
と私は感じている
が、みなさんはどうだろう。


これは法律によっての会社ごとの電源構成
開示の義務化が見送られたことによるのでは

と感じている。


現状、自主的に開示している会社はごく
わずかだ。


電力会社が1㌗時の電気を作り出すときに
出す二酸化探査の排出量(排出係数)は毎年
公表される
が、新規参入業者の場合、実績
がない。


2016年度実績に基づく排出係数は、
新規参入事業者が2017年6〜7月、
既存事業者が2017年12月に公表
される予定だ。















 - 電力自由化

ツールバーへスキップ