高齢者の知恵

高齢者の独り言ブログです。

電力自由化 安くて安全な電気はどこ?

   






電力自由化 安くて安全な電気はどこ?



2016年4月1日から、電力小売りが
全面自由化され、一般家庭でも新電力会社
から電気を買えるようになる。



topi_photo02[1]
新電力に切り替えるにはスマートメーターが必要



わが家の電気どう選ぶ?


2016年4月1日から、電力小売りが
全面自由化され、一般家庭でも新電力会社
から電気を買えるようになる。


電力を専門に手掛ける会社から、ガスや
携帯電話の大手まで、さまざまな企業が
参入し、割安感をアピールしている。


簡単に手続きできるのか?


本当に割安なのか?


どの電力を選べばいいのか?



をわが家の立場から調べてみた。





手続きは簡単そうだ


そもそも、わが家には関西電力の電線を
通って関電の電気が来ている。



他社から電気が買えるようになるという
ことらしいが、手続きは簡単なのか?


資源エネルギー庁によると、新電力は
関電の送電網を使って送電するので、
新たに電線を引く必要はない。


では、工事は必要なのか?


同庁によると、遠隔から検針できる
スマートメーターが未設置の家庭は
スマートメーターへの交換が必要だが
関電が無料で設置してくれる。


新たな電力会社とは、各社のサービス
窓口、電話、ホームページを通じて
契約できる。


受付は始まっており、関電の検針票に
記載された情報があれば手続きは簡単

にできる。

申し込みから1〜3ヵ月程度で新電力
からの電気が受けれるようになる。






価格の恩恵は使用量次第

では、どの会社を選べばよいのか?


関西では手堅いところで、15年間以上
にわたって事業者向けに電力を販売
して
きた大阪ガスで考えてみよう。


大阪ガスの電気料金はガスとセットで
契約すれば関電より最大で5%安い。


だが、どれくらい安くなるかは使用量
によって異なるようだ。




使用量をどう調べるか?


これは関電の使用量紹介サービスである
「はぴeみる電」で確認できる。


わが家の昨年1年間の電気使用量は
月平均で336㌗時だった。


これを大阪ガスの料金単価表から試算
すると、わが家では年間5201円
(4.7%)安くなる。


大阪ガスのホームページででも、使用量
を入力すればどれぐらい安くなるかを
計算してくれるサービスがある。



私が数社と比較してみた結果、大半の
新電力会社は多く使う家庭ほど安くなる
設定だったが、大阪ガスの場合、比較的
使用量にかかわらず、幅広く安くなる
料金設定だとわかった


 - 電力自由化

ツールバーへスキップ