高齢者の知恵

高齢者の独り言ブログです。

ジカ熱 感染力はデング熱並み

   







ジカ熱 感染力はデング熱並み




ブラジルなど中南米で流行している
ジカ熱の感染力はデング熱と同じである
ことがわかった



Aedes-aegypti-biting-human-ネッタイシマカ-Wikipedia-680x532[1]



東大チーム、太平洋の流行を分析


ブラジルなど中南米で流行しているジカ熱は、
太平洋の島々で流行した数年前にはデング熱と
同程度の感染力
だったとする分析を、

東京大の西浦博准教授(理論疫学)らがまとめ、
29日付の感染症専門誌電子版に発表した。


現在の感染力は不明だが、拡大防止策を検討
する際の基本データになるという。




ジカ熱は2007年にミクロネシア連邦の
ヤップ島で、2013〜2014年にフランス
領ポリネシアで流行した。


チームは患者が発症した時期をもとに、1人の
患者から何人に広がったかを計算。


人工の7割が感染したヤップ島では、平均
4.3〜5.8人、ポリネシアでは平均1.8〜
2.0人との結果だった。


ジカ熱と同様に蚊が媒介するデング熱は1〜4人
程度、チングニア熱は2〜7人とされており、
感染力や流行の広がりはデング熱と同等と判断
した。


12677419_1692898124310367_2025805693_n[1]


ジカ熱は蚊に刺されることで感染するが、
さらに、性行為や輸血でも感染することが
報告されている。


また、妊婦が感染することにより、赤ちゃんが
小頭症になる確率が高いことが否定できないこと
も分かっている。


さらに、厚生労働省が難病に指定している
ギランバレー症候群を発症した患者が複数出た
ことも報告されている。






 - ジカ熱

ツールバーへスキップ