高齢者の知恵

高齢者の独り言ブログです。

ガン治療と仕事の両立を支援 退職回避できるか?

   






ガン治療と仕事の両立を支援 退職回避できるか?


厚生労働省は、2016年2月23日、ガン患者らが
治療と仕事を両立できるよう支援する企業向けガイド
ライン(指針)を公表した。



nintei4_1[1]



ガン治療と仕事の両立を支援 退職回避へ企業向け指針


病気による退職を防ぎ、仕事優先で治療をおろそかに
しないようにするのが狙い。


企業に対し、働き手である患者の情報を医療機関と
共有し、勤務時間の配慮など適切な措置を取るよう
求めた。


ガン対策基本法に基づく就労支援策の一環で、こうした
指針は初めて。


ガンだけでなく、脳卒中など継続して治療が必要な
病気も対象となる。


厚労省のウェブサイトで閲覧できる。


8[2]



指針によると日本人の2人に1人が生涯のうちに
ガンにかかる。


働きながらガンで通院している人は約32.5万人
と推計され、対策が急務となっている。


指針は情報共有を促すため、

 ・企業側から主治医に業務内容を伝える文書
 ・症状や就業上望ましい配慮を主治医が意見する
  文書

などの「ひな型」を示し、これらの文書を用意
するよう要請。


企業はこれらを通じて仕事を続けられるかどうかを
判断し、働き続ける場合は、休暇や勤務時間について
配慮する内容を決める。


必要に応じ、それらをまとめた「両立支援プラン」
を定める。


休業が必要な場合でも、労働者と連絡を取って
治療の経過や今後の見通しなどを確認し、
「職場復帰支援プラン」を策定することが
望ましいとした。


さらに、具体的な配慮の例として、時間単位の
有給休暇や、休業後の復帰に向けて勤務の時間や
日数を短くする「お試し出勤」を挙げた。


sibouritu[1]














 - 先端医療

ツールバーへスキップ