高齢者の知恵

高齢者の独り言ブログです。

難関中学受験 灘中受験 浜学園 息子の中学受験のルーツを探る2

   





難関中学受験 灘中受験 浜学園 息子の中学受験のルーツを探る2




アイコン_がんばれ受験生[1]



アメーバから引っ越してきました。





こんばんは。
「徳さん」です。





今日、息子は理科の通常授業を
受けてきました。


19時15分から21時05分まで。




息子、理科は大得意です。




毎回、授業の前に行われる
復習テスト




先週に続いて100点満点。
もちろんクラスでベスト1!




本命としている灘中学校の入試合格
ラインの目標偏差値は64



息子よ、ガンバレ!





=====================================





実は、息子、




時間さえあれば、「理科系の本」を
読んでいます。




どんな時間に読んでいるかというと



朝、ランドセルに
教科書を入れながら・・・




お風呂に入る前に
着替えを取りに
自分の部屋へ行き

そのまま・・・



大好きなドラえもんをみながら
コマーシャルの時に・・・



というかんじです。






隔週の土曜日、

図書館で本を借りるのが日課の息子。






昨日の土曜日、

借りてきた本は、

  『マザーテレサ』

  『折り紙ヒコーキ』

  『ドラえもん 2冊』
 
  『シートン』

  『楽しいストロー工作』

  『いろんなモノのしくみがわかる本』

  『こころ』

  『アインシュタイン』

  『アインシュタイン』は3回目です。

の9冊。






今、息子の興味は

『アインシュタイン』の最後の宿題

「重力波」








仲間外れにされる小学生男子



前置きが長くなりました。


本日のテーマは、

『息子の中学受験のルーツを探る2』

です。






「息子の中学受験のルーツを探る1」
でお話ししたとおり、


小学生時代、
私はいじめられていました。







その時、母が私に教えてくれたこと、

それが全てのルーツです


詳しい中身はいずれ。







そして、息子は今・・・






いじめを受けています。





学校でおでこを4針縫う

ケガをさせられて

帰ってきたこともありました。







私も

悩みました。




=====================================





結論を先に書きますが

私「中学校、同じでいいの?」

息子「・・・・・」

私「別に逃げるわけではないよ」

 「自分のしたいことをするには
  自由に勉強できる
  中学校がいいと思う」

息子「そんなところ無い」

私「あるかも」

 「ただ、ほかのみんなと違う
  中学校に行くことになるけど」

息子「むずかしいの?」

私「いや、わからないけど」

息子「どこ?」

私「たくさんあるよ」

息子「・・・・・」





=====================================




この会話が

2014年3月のこと。






そこから

親子二人三脚での

中学受験がはじまりました。







今日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。





また、あした。






















 - 中学受験

ツールバーへスキップ