高齢者の知恵

高齢者の独り言ブログです。

難関中学受験 灘中受験 浜学園 息子の中学受験のルーツを探る1

      2016/02/22







アメーバから引っ越してきました。




ind_btn01[1]



こんにちは。
「徳さん」です。





今日は、息子は日曜日ですが
塾で日曜錬成特訓を受けてきました。



14時15分から21時まで。
弁当持ちです。



国、算、理、の3教科。

これまでの復習です。




塾までの通学時間は片道30分。


往復の通学時間と
ロスタイムを考えれば、
13時30分から21時45分までの
合計8時間15分の拘束時間。


はたして、息子の体力は持ちこたえられるのか


送迎する私の体力は










今日は


息子の中学受験についての
ブログを再開するにあたって


息子が中学受験に至ったルーツを
探っていきたいと思います。


しばらくお付き合いねがいます。










私、「徳さん」は
小学校1年、2年と学校
には行っていません





小児結核で近くの国立病院
に入院していました。


入院中のことはほとんど記憶が
ないのですが、図書コーナーで


絵本を見て、それを真似して


新聞紙に落書きをしていたことを
覚えています。






いい薬が開発されて、結核が治癒し
3年生の4月から小学校に行き
始めました。


  

まず、なによりも驚いたのは
学校のことではなく、家が貧しかった
ことです。




なにしろ、3部屋しかない家に
私の両親と妹、
祖父母、父親の妹2人と弟の


9人が生活していたのですから。


しかも、私の両親の収入だけで。









私の朝ごはんは、
ご飯に醤油をかけるだけ



それも1パイだけ。


おなかいっぱいにはなりません。







病院では3食きちんと食べていたので
これにはびっくりしました。




夕食は毎日たまごかけご飯。


おかずはあってもちくわくらい。


たまごは、家でにわとりを飼っていたから
毎日新鮮なものが食べられました。





ですので、私のごちそうといえば
学校で出る給食
です。





いろいろな物が食べれましたし、
それに余りをおかわりすることも
できました。




でも、その給食で事件が起こったのです




私は、「チーズ」「マヨネーズ」という
言葉さえ知りません。




もちろん食べたこともありません。




その「チーズ」が給食で出たのです。







見た目は「石鹸」でした。







でも、なにも知らない私は
しっかり全部食べました。




昔からいじめっ子はいたもので、


その「チーズ」は「トイレの石鹸」
切ったものだったのです。






私も含めて4人が入院するはめに
なりました。





私は体も小さく、
ひらがなもかけなければ

体育も見学でしたので

今、思えば「いじめの対象」だったのです。





仲間外れにされる小学生男子





体育の時間は単なる見学ではなく、
教室で1年生の教科書をみての

ひらかなの練習でした。





まずは、自分の名前を書けるように。








極貧の生活はつづいていました。








5年生になったとき


友だちの家で「内職」の手伝いを
させてもらうことになりました。


学校が終わったらすぐに友達の家に
行き、2時間ほど内職の手伝いを
します。





これで1か月500円くらいいただきました。




そのころの両親の収入が月3万円くらい
だったので、500円を稼いでくる息子は

すごくほめられました





これに気をよくした私は、
6年生から朝3時半に起きて

自転車で牛乳配達をするという

アルバイトを始めました。





1か月で4000円と超高給です。





今の時代、小学生がアルバイトを
するなんて考えられないこと
ですが、


当時は仲間もいました。






牛乳配達の運動のせいか、
体は急激に回復し、体育にも参加
するようになりました。






6年生の時、初めてマラソン大会
に参加しました。





結果、リタイアして、
担任の先生の自転車にのせて
帰ってもらいました。





今、ここに小学生時代の通知簿
があります。


両親が大切に残して
くれていたものです。







国語3、算数3、理科5、社会3

図画工作5、体育1、家庭科5

音楽5

5段階評価です。





そうです。私は勉強も好きで


自分なりに勉強し、
漢字も少しは覚え、


計算も何とか
できるようになっていたのです。




というか、はっきり言って
負けたくはなかったのです。




そして、なによりも両親が


私に「勉強がこれからは大切」
だと教えてくれていたからです。






極貧の生活から抜け出すのは
勉強しかないと教えてくれて
いたからです。






長くなってしまいました。





ブログを読んでいただき
ありがとうございました。






今日は2016年2月21日。



2017年1月15日の中学入試、

2017年1月20日の発表、

その後の進路決定まで、

このブログを更新します。



同じ受験生を持つ親として、
読者のみなさんとともに

合格を勝ち得るために。












 - 中学受験

ツールバーへスキップ