高齢者の知恵

高齢者の独り言ブログです。

電力自由化 あなたが選ぶ電気料金 必ず安くできるのはここだ!②

   





電力自由化 あなたが選ぶ電気料金 安くできるのはここだ!⓶


電力自由化で、選べる会社は一気に広がる。
でも、いったいどの会社、どのプランを選んで
何をすればいいのやら。

必要な手続き、会社を選ぶときの「考え方」、
これをまとめてみました。







事業者を選ぶ際に考慮すべき点は、単純に電気料金が
安いか否かにとどまらない。


「自分がほかにどのようなサービスを使っているか」を
考える必要がある。


事業者によっては、ガス、携帯電話、プロバイダなどと
セットで電気料金が安くなったり、ポイントが還元され
たりする場合があるからだ。つまり「セット割り」である。






セット割り ソフトバンクの攻勢


ソフトバンクの携帯電話、インターネットなどを利用
している場合、同社と契約すれば電気料金がお得になる。


2人暮らしの場合、通常のプランでソフトバンクに切り
替えると年間で約2800円の節約となる。
(関東・バリュープラン)


もし、同社の別のサービスに加入していれば、ここから
さらに年間約2400円、合計で約5200円を節約できる。


加えて、携帯料金が安くなるプランもあり、H.I.S.や
東燃ゼネラルよりも節約額が大きくなる可能性があるのだ。


dly1601120019-f1[1]


km_softbank1[1]


elect_0112_1[1]






ソフトバンクのメリットはこれだけではない。


消費生活アドバイザーが解説する。
「ソフトバンクで、スマホやネットと電気をセットで契約
すると『おうちレスキュー』というサービスを受けられます。

水回りのトラブルや鍵の紛失、ガラスなどのひび割れに
すぐに駆けつけてもらえますが、これを2年間無料
利用できます」






『エネオス(ENEOS)でんき』

ガソリンをよく使う人には、JX日鉱日石エネルギーが
おすすめだ。


前出の消費生活アドバイザーが解説する。
「『ENEOSでんき』の支払いをENEOSカードで
すると、ガソリン、軽油、灯油代が1ℓあたり、1円割引
になるサービスを始めました」





東京ガスの場合


東京ガスの場合は、「ガス・電気セット割り」という
プランを選ぶことができる。


2人世帯のケースで通常プラン(ずっともプラン)を選んだ
だけではこれまでよりも割高になつてしまうが、セット割り
だと、年間で約1200円の節約になる。


また、同社は提携プロバイダとのセット割りも用意して
いる。


インターネットの回線料金、プロバイダ料金が安くなる
というもので、OCNやソネット、exiteなどが
対象となる。









つづく










 - 電力自由化

ツールバーへスキップ