高齢者の知恵

高齢者の独り言ブログです。

脳卒中・心筋梗塞による突然死を防ぐ基礎知識⓼ クモ膜下出血②

      2016/02/08








えっ‼クモ膜下出血は遺伝?


i_kumomakuka[1]






クモ膜下出血は遺伝的要因が強い。動脈瘤ができやすい家系の人はMRIで一度受診した方が。

クモ膜下出血は遺伝的要因が強いといわれています。

太い動脈に動脈瘤というコブができ、これが破裂する
ことによって出血が起こります。

動脈瘤ができやすい家系の人は、今は何ともなくても
知らない間に動脈瘤ができて破裂する可能性があります
から、一度病院などでMRI検査を受けた方がよい
でしょう。


ただし、動脈瘤の全てが破裂するわけではありません。

また、1〜2㎝くらいの小さなものから、脳以外に
できる数㎝大のものまであります。

脳内では5㎜を超えると破裂する可能性が高くなり、
また血圧が高いと大きくなりやすい特徴があります。


さらに、動脈瘤は血管が枝分かれしているところに
できやすく、脳内の数カ所で見つかる場合もあります。


動脈瘤が見つかった場合、開頭して動脈瘤の根元を
クリップで留めてそれ以上大きくならないようにする
方法と、開頭せずにカテーテルを動脈瘤まで誘導して
極細のコイルで動脈瘤をふさいでしまう方法があります。


96958A96889DE4E4E6E0E5EAE6E2E2E7E2E0E0E2E3E69C9C8182E2E3-DSXZZO6644167006022014000000-PN1-16[1]







どちらがいいかは動脈瘤の状態や、本人の健康状態
などを考慮して、専門医とともに決定しますが、
いずれの場合も動脈瘤が破裂する危険性が高い場合
のもので、まだ小さいうちは、あえて手術せずに
軽かを見ることがほとんどです。


動脈瘤は何年もかけておおきくなっていくので、
動脈瘤を持ったまま脳卒中を起こさずに寿命を
迎える方も大勢いるのが現実です。





なぜ、血管は破れるのか?


image-preview[1]

動脈瘤は血管の分かれ目にできやすい。

何年もかけて大きくなるが、血圧が高いと大きくなりやすい。



image-preview35[1]
5㎜を超えると破裂し、出血する可能性が高くなる。


b62338851b3c3aba182362497c11fd9b[1]



















 - 中・高年の健康 脳卒中・心筋梗塞

ツールバーへスキップ