高齢者の知恵

高齢者の独り言ブログです。

ジカ熱 最大の感染国ブラジル 拡大阻止 WHO非常事態宣言②

   





予防薬も特効薬もないジカ熱



tiger-mosquito-49141_960_720[1]







ジカ熱には、予防薬も特効薬もないため、中南米各国は殺虫剤散布
による蚊の駆除のほか、蚊が繁殖しそうな水たまりをなくすなどの
対策を促している。


ブラジルではジカ熱に感染して胎児が小頭症になった妊婦の人口中絶
を認めるよう求める動き
が出始めた。


母体に危険がある場合と強姦による妊娠以外の人工中絶は原則として
違法なためだが、「最も弱い命を守ることが民主主義では」と批判
の声もあがっている。





蚊以外でも感染する危険性もある!


2月に入り、アメリカ・テキサス州ダラスで、地元の保健省が、
「性行為によって感染した可能性が高い」と発表した。


ジカ熱はデング熱など、蚊が媒介する他の感染症と比べても「危険度が低い」
(WHO幹部)とみなされてきた。


それは、症状が比較的軽い(38度程度の発熱、体の痛みなどの程度)ためと
妊婦がかかると胎児が小頭症を発症するというのも確認されていないからだ。


WHOは、小頭症との因果関係について「強く疑われる」としつつも、
「まだ確認されていない」と慎重だ。


だが今回はチャン氏が早期に警戒を呼びかけた。
西アフリカで拡大したエボラ出血熱で対応が遅れたとの批判にさらされた
苦い経験があるからだ。


-7-638[1]



-44-638[1]








本当に性行為で感染するのか。日本の専門家は・・・

「『アメリカでの性行為による感染は』精液の中にウイルスがまじっていた
のか、それとも血液の中にウイルスが混じっていて、性行為の時のわずかな
傷からウイルスが侵入したのか、まだはっきりとはしていません。


ただ、ウイルスは血液中にもいることが多く、性行為のような濃厚な接触
をもった場合、当然感染の危険はあります


ジカ熱の場合、症状が軽いため、外出する人や性行為を持つ人も出てくる
でしょうから、可能性としては十分にあります」









 - ジカ熱

ツールバーへスキップ