高齢者の知恵

高齢者の独り言ブログです。

SMAP  解散騒動の真実 芸能界のタブーを犯した?⑤

   





8a602dae2d8f374b01d288d18af2a15c[1]


SMAPの女性マネージャー飯島三智氏の独立問題は、
『週間文春』(1月29日号)が報じたジャニーズ事務所の
副社長・メリー喜多川氏(89歳)のロングインタビューが
きっかけとなった。








SMAPの解散騒動のきっかけと真相

SMAPの女性マネージャー飯島三智氏の独立問題は、
『週間文春』(1月29日号)が報じたジャニーズ事務所の
副社長・メリー喜多川氏(89歳)のロングインタビューが
きっかけとなった。


そこで飯島氏はメリー氏から「次期社長は娘のジュリー
(副社長)。対立するならSMAPを連れて出ていって
もらう
」と断じられている。






SMAPの女性マネージャー飯島氏とは?


飯島三智氏(58歳)のジャニーズ事務所入社は今から30年前
のこと。


飯島氏は東京の山の手出身。お父さんは大手のレコード会社
に勤めていて、お母さんはピアノの先生。
絵に描いたような音楽一家に生まれ育っています。


そんな飯島氏が音楽関連会社への就職を探す中、父親の知人
の紹介で現副社長のメリー喜多川氏に出会ったのがきっかけ
だったという。








彼女はすぐにメリーさんに気に入られました。アイドル好きの
ミーハーではないし、他の女の子たちとキャビキャビつるむ
タイプでもない。



それでいて愚痴を言わずに言われた以上の仕事をこなすタイプ
でした。(飯島氏の知人)」


当時のジャニーズのマネージャーは100%男性。それで飯島氏
はデスクとして入社。


ジャニーズ事務所におけるこの「デスク」とは、事務所内に常駐し、
電話連絡やデスクワークなど事務的作業を担当する係。


飯島氏(以降I氏と呼ぶ)もそんな仕事をしていた。


「仕事ぶりは際立っていました。ただ、デスクには女性が多く、
目立ちすぎたからか、人間関係はうまくいっていなかった。
入社当時はぽっちゃりした体形だったが、みるみる痩せた」
(前出・知人)






体を張ってSMAPメンバーを守ってきたI氏

当時、ジャニーズ事務所は『光GENJI』人気の絶盛期。


彼らに続き、超えていくアイドルをいかに作り出すかが事務所内
の課題だったという。


とはいえ音楽業界には逆風が吹いていた。


‘89年に『ザ・ベストテン』(TBS系)が終了。
‘90年に『歌のトップテン』(日本テレビ系)、『夜のヒットスタジオ』
(フジテレビ系)が終了。


音楽番組が次々と姿を消していた時代だ。


そんな中で結成されたのがSMAP(‘88年)
その後、デビューまでは実に3年もかかった。


「デビュー曲はオリコンチャート2位だったものの、完全に
落ちこぼれグループ。その後も鳴かず飛ばずで専属マネージャー
もいない状態だった



そして、見かねて面倒を見始めたのがデスクのIさんだった


当時、小学生でランドセルを背負っていた香取の勉強を見てあげたり、
衣装が破れていたら縫ってあげたり、“お母さん”のような役割でした。」
(テレビ局関係者)

















 - 芸能人

ツールバーへスキップ