高齢者の知恵

高齢者の独り言ブログです。

アンチエイジングの秘策を知りたい!女性ホルモン論⓷

      2016/01/23




horumon[1]


アンチエイジングの秘策を知りたい!女性ホルモン論➁







講師 対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座
   対馬ルリ子先生
 
   産婦人科医。医学博士。都立墨東病院周産期センター
   産婦人科医長などを経て、2002年にウィミンズ・
   シェルネス銀座クリニック開院。「女性医療ネットワーク」
   を設立し、女性の生涯にわたる健康のために、さまざまな
   情報提供、啓発活動を行っている。「40歳からの
   女性ホルモンの高め方」(PHP研究所)など著書多数。


問い

女性ホルモンって食事でふやせるものですか?




答え

豆乳、納豆、厚揚げを積極的に食べてみて


女性ホルモンの分泌量を上げるのはむずかしいですが、
それを補う働きをする栄養素は食べ物から接種可能。


大豆製品にはエストロゲンと似た構造の栄養素である
イソフラボンが多く含まれていて、体内で同様の働き
をします



特におすすめは、豆乳、納豆、厚揚げ!









豆乳

女性注目のイソフラボンを最も効率よく摂取できる
美女食材!


豆乳は、ほかの大豆製品とくらべて体内への吸収が
早いといわれています。


毎日コップ1杯程度で女性が1日にとりたいイソフラボン
の量をカバーできまする


熱を加えて調理しても栄養的に問題ありません。


カルシウムも多く含まれているので、牛乳のかわりに
摂取する機会をふやすのもいいでしょう。


・ソラマメとほたての豆乳グラタン





納豆


大豆を発行させることにより生まれるプラスアルファの
美容&栄養成分


納豆は発行する過程で特有の栄養素、ナットウキナーゼ
が発生。

血液をさらさらにしてくれます。


さらに美肌効果のあるビタミンEや、代謝アップにつながる
ビタミンB2が元の大豆より増えるというデータも。


1パック(50g)で1日に必要なイソフラボンを摂取する
ことが可能です。



・納豆チヂミ

・オクラの納豆汁





厚揚げ

大豆食品特有の栄養素がギュッと詰まっている!

同量の木綿どうふと比べるとカルシウムは2倍、
鉄分は3倍、たんぱく質は何んと5倍!


レシピのバリエーションがつけやすく、食べ応えが
あるのも魅力です。


ビタミンの多い青葉などと合わせて食べると栄養の
吸収率もアップ。


調理前に熱湯をかけて油を落とすことで、カロリー
カットできます。


・厚揚げとにんにくの芽のオイスター炒め

・厚揚げのクロックムッシュ











 - アンチエイジング50の秘策

ツールバーへスキップ