高齢者の知恵

高齢者の独り言ブログです。

マイナンバー制度 意外と知らない海外のマイナンバー事情⑤

      2016/01/13




ecn1508150004-n1[1]




安全? 便利? 外国はどうなっているの!?





blog0506_003[1]










マイナンバー制度 意外と知らない海外のマイナンバー事情

日本ではこれから始まる番号制度ですが、世界には、
導入から何十年という国もあります。

そうした国では、制度はどう機能しているのでしょうか。

ここでは、導入国家を4タイプに分けて、それぞれが
抱える問題や利便性を紹介します。










プライバシー配慮型国家のマイナンバー制度

これまで紹介した3つの類型では、ひとつの番号をあらゆる
分やで利用する「フラットモデル」
という形態をとっていますが
それではプライバシー侵害だと憂慮する国もあります。


これをプライバシー配慮型国家といって、ドイツ、フランス、イギリス、
オランダ、オーストリアなど西ヨーロッパの国々や日本
が該当します。


こうした国々では、分野ごとに異なった番号を使用する「セパレートモデル」
または、異なった番号を個人に紐づけできる「セクトラルモデル」を採用
しています。


ただし最近では、ひとつの番号の適用範囲を広げ、フラットモデルに
近い形態をとる国も出てきています。




f-036[1]




一例として、オランダでは、第二次大戦中に強制的に番号を付けられた
という過去があり、番号制度への抵抗感が強かったといいます。


しかし、近年の電子政府の推進による国民の利便性の向上と行政の
効率化を目的に、国民的な議論を起こし、国民のコンセンサスを
得ながら、番号制度の適用範囲を徐々に拡大しています。











 - マイナンバー制度

ツールバーへスキップ