高齢者の知恵

高齢者の独り言ブログです。

24時間トレードするより、相場が動く時間にトレードする方が良い?

      2016/01/07










24時間トレードするより、相場が動く時間にトレードする方が良い?


人間が機械であれば24時間トレードした方がいいです。


相場が動きづらい時間だとしても大きく動くことは
ありますし、そんな時の動きが1年の収支を左右する
ビッグウェーブであったりするので。


とは言っても相場で全てをとることは不可能です。


1度波を逃したところでまた次があると考えなければ、
トレード以前に身体を悪くしてしまいます。





相場の動く時間

ロンドンタイム(日本時間16時から24時)とニューヨークタイム
(日本時間22時から5時、サマータイムなら日本時間21時から4)
が重なる日本時間22時(サマータイム時は21時)から24時が
活発な相場になります。


またこのぐらいの時間にアメリカの重要指標の発表もあるため
相場が大きく動くことがあります。


他にも東京証券取引所がオープンする9時あたりにも値動きが
あるポイントがあります。



guide-img7[1]











自分のトレードスタイルに合わせた取引時間

基本的には相場が動く時間にトレードをするスタイルの
人は多いです。


ただ、トレードは人がどうしているかより、自分がどう
取引をしたいかの方が重要です。


相場が動きづらいときに節目を利用した逆張り取引が
得意ならば、相場の動く時間にトレードをする必要はありません。


また、ライフスタイルによっても取引時間は変化して
いくものです。


「相場は逃げない」という言葉もありますから、あくまで
自分のペースでトレードをすればいいのです。






24時間トレードするより、相場が動く時間にトレードする方が良いかのまとめ

24時間チャートを監視するのは不可能ではありますが、
それに近い状況になれば自分自身の時間も持てなくなり、
何のために資産運用をしているのかわからなくなります。


では、相場の動く時間にトレードすべきかと言えば
そうでもなく、値幅がありすぎて損切りを連発する人もいます。


一番は色々な時間に取引をしてみて、やり易い時間に
自分オリジナルのスタイルを確立していくことこそが
勝てるトレーダーになる近道です。










 - FX, FXの仕組み

ツールバーへスキップ