高齢者の知恵

高齢者の独り言ブログです。

マイナンバー どんなときに必要になるの?

   


poster[1]




マイナンバー どんなときに必要になるの


いざという時に、使えるようにマイナンバーが
どんなときに必要なのかをまとめました。



こんな場面でマイナンバーが必要に




配当や保険金の受け取りに必要!


証券取引を行っている人や保険に加入している
人が、配当や保険金を受け取る際にマイナンバー
を提示します。


証券会社や保険会社といった金融機関は、
法定調書等にマイナンバーを記載して
税務署に提出します。



源泉徴収に必要!


従業員として雇用されている人が、勤務先に
マイナンバーを提示し、勤務先は源泉徴収票に
記載する際などにマイナンバーを使用します。


勤務先は、従業員やその扶養家族のマイナンバー、
および提出者のマイナンバーを源泉徴収票等に
記載して税務署や市区町村に提出します。




mynumber2[1]







年金受け取りの手続きに必要!


高齢者が、老齢年金を受け取る手続きを行う際に
年金事務所にマイナンバーを提示します。



児童手当の現況届の際に必要!


子どものいる家庭では、中学卒業までの子どもに
支給される児童手当の現況届を提出する際に
市区町村にマイナンバーを提示します。






mn03[1]



 - マイナンバー制度

ツールバーへスキップ