高齢者の知恵

高齢者の独り言ブログです。

風邪が流行る季節です。その予防は?かかったら?

      2015/11/30




風邪が流行る季節です。その予防は?かかったら?


CDPE010[1]


風邪の予防

手洗い・うがいの励行が基本中の基本


日頃の心構えとして、うがい。手洗いを
することは、風邪やインフルエンザの予防に
とどまらず、広く食中毒の予防や、他の病気
予防につながります。


特に、乳幼児は自分で手洗いはできませんので
お母さんが気をつけることが大切になります。


また、子どもにも日頃から手洗いをする習慣を
身に着けさせる指導がたいへん重要になります。



予防には口腔ケアも必要

風邪やインフルエンザの予防には、口腔ケア
が有効です。

歯垢によって細菌やウィルスが付着し、
停滞しやすくなってしまいます。


お口の中をきれいに保ち、細菌やウィルスの
増殖を抑え、風邪やインフルエンザを
予防しましょう。



風邪をひきやすい・長引く・こじれやすい


それは、喘息やCOPDのサインかも?

通常、風邪の症状は喉の痛みや咳などで、数日で
回復していきます。


しかし、風邪をひきやすい方、風邪をひくと
長引いたり、咳や痰がひどく、ゼイゼイする
方もおられると思います。


その場合、喘息やCOPD(慢性閉寒性肺疾患)
といった呼吸器の病気にかかっている可能性が
あります。





8a41aa7c909b788cb00f4cd40d9755b4[1]



喘息は?


喘息は、発作的にゼイゼイするのがよくある
症状ですが、咳だけの症状を繰り返すことも
あります。


また、子どもからお年寄りまで罹ります。


治療が遅れたり、適切な治療をしなかったりすると
症状が進み、入院も必要になることが
あります。



COPDとは?


COPDは、ほとんどが長期間の喫煙
起こる病気です。


最初は風邪をひきやすい、風邪をひくと
長引くといったことがよくあります。


病気が進行すると、慢性的な咳、痰
動いた時の息切れ、の症状が出てきます。


さらに進行すると、息切れが悪化し、
日常生活がとても困難になってしまいます。



喘息やCOPDかな?と思ったら


喘息やCOPDは、速めに診断を受け、
治療を続ければ、病気も進行せず、
日常生活も支障なく送ることができます。


簡単な検査で診断できますので、
気になる呼吸器症状が続くときは
かかりつけ医に早めに相談しましょう。







 - インフルエンザ

ツールバーへスキップ