高齢者の知恵

高齢者の独り言ブログです。

FXはどういった業者で口座開設をするべきか

      2015/12/02






FXはどういった業者で口座開設をするべきか

利用すべき証券会社は自身のトレードスタイルや、
ニーズによって異なります。


メインとなる選び方は、約定力、スプレッド、
スワップポイント、サイトの使いやすさです。

しかし、口座開設資金や口座の維持資金は
不要なので、口座開設自体は積極的に行う
のがいいです。


約定力とは


トレードスタイルとしてはスイングトレードや
中期スタンスの方が重視すべき点です。


約定力が高い証券会社は、約定力の高さを維持
するためにスプレッドが広くなりがちです。


そのため、取引回数は少なめで、取引するときには
しっかりと自分の約定したい価格でトレードが
できる業者選びが重要になります。



スプレッドとは

デイトレードやスキャルピングを主に行う方は
スプレッドが狭い業者選びをすべきです。


狭い業者ですとドル円取引で0.3銭、
広い業者になると1銭ほどになります。


1万通貨の取引でその差が70円になるので、
スキャルピング取引になると1日で100回の
取引もあり得るため、7000円以上の差が
出てくるのです。


多くのトレーダーはスプレッドを重視した
業者選びをしているようで、スプレッドが
狭い証券会社の口座開設者数は多い傾向にあります。






スワップポイントとは

長期保有でスワップポイント狙いをする場合は
約定力もスプレッドもこの後説明するサイトの
使いやすさもこだわる必要はありません。


高金利通貨である南アフリカランドは2015年現在
1万通貨で13円程度がスワップポイントとして
付与されます。


しかし、1南アフリカランド9円程度であるため
10万通貨の取引である証券会社も多いです。


そのため1万通貨単位でのスワップポイントが
1円違うだけで10万通貨なら10円、1年保有すれば
3650円も同じ通貨を保有しているにも関わらず
異なるのです。


長期保有でのプワップポイントの重要性を感じます。



サイトの使いやすさ


チャート表示やカスタマイズは業者によって
異なります。


チャートを見る業者と取引をする業者を分ける
ことも可能ではあります。


しかし、サイトの使いやすさとしては
チャート以外にも注文の出し方がやりに
くい業者もあります。


シンプルすぎて使いづらい業者もあったりとで、
口座だけ開設して使いやすい業者を探すのも
ひとつのやり方です。







 - FX, FXの仕組み

ツールバーへスキップ