高齢者の知恵

高齢者の独り言ブログです。

FXで稼げる人はこういった投資商材で失敗している

      2015/11/29


E4B880E4B887E58686[1]






FXで稼げる人はこういった投資商材で失敗している

為替取引で生き抜いている人達は
失敗など経験したことがない人が
ほとんどではないかと思われがちです。


しかし、裁量トレードに関しても、
投資商材に関してもまず失敗していると
言って間違いないです。


商材トレードでの失敗パターンはいくつかあります。


購入した商材が偽物だった


商材を購入しようと考えるとき
楽をして稼ぎたいと安直な思考に
なっていることがおおいです。


「勝っている」というようなことが
サイトに書いてあればそれを鵜呑みにして、
どんな理論での取引方法かもわからず
購入したりしているのです。


しかも、安直に商材は楽だと考えている人は
往々にして安価な商材を購入します。


しかし、商材を作る側はどんな人かを
考えなければなりません。


既に記述したように裁量トレードに関しても
勝っている人は失敗を経験しています。


ならば、そんな大変な思いをして手に入れた
勝ち方を安売りするでしょうか。


そう考えると安価な商材は、商材を作成する
技術があるだけのFX素人であることが
ほとんどであると考えるのが自然です。


商材の利用タイミングを間違う


例えば超短期取引のスキャルピングの
商材を購入したとします。

dollar[1]



本来、裁量取引でスキャルピングを行い、
利益を出している人は点で取引をしています。


特に、秒スキャルピングと言われる取引を
する人はマウスに指を置いて構えているくらいです。


しかし、商材を利用した場合はタイミングが
ずれてしまいます。


商材の利用は常に商材作成者のオリジナル取引の
劣化版になってしまいます。


失敗から勝ち組へ

最終的に商材を利用して勝ち組になった人もまた
裁量トレーダーと同様に勉強をしています。


自身のレベルを上げることにより、
まずは偽商材が偽商材であることを
敏感に察知するようになります。


そして、使える商材が見つかればそれをそのまま
利用するのではなく、自分に適合するように
アレンジをしていきます。


決して商材は楽な物と考えないことが重要であると
言えます。








 - FX, FXの仕組み

ツールバーへスキップ