高齢者の知恵

高齢者の独り言ブログです。

今日は何の日? 10月31日 ハロウィンの日

      2015/11/06


10月31日はハロウィンの日。プチ変身して出かけませんか?






そもそもハロウィンってなに?


ハロウィン ( Halloween ) とは?


カトリックの諸聖人の日 ( 11月1日 ) の前夜である
10 月 31 日に行われるお祭りのことです。


もともとは、ヨーロッパを起源とする民族行事で、


秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す
宗教的な意味合いのある行事


でしたが、今は宗教的意味合いは薄れてきているようです。


また、「 諸聖人の祝日 」 のことを


万聖節 ( All Saints’ Day )


といい、またの名を


ハローマス ( Hallowmas )


といいます。


簡単に言うと、クリスマスイブと同じような感じです。


現在は宗教的意味合いはあまりなく、
カボチャをくり抜いてお化けの顔にした


ジャック・オー・ランタン ( Jack-o’-lantern )


を飾り、お化けなどに仮装した子供達が


「 Trick or treat!(お菓子をくれなきゃ、いたずらしちゃうよ) 」


と言って家々を巡るお祭りとなっているようです。


hw-pump-title[1]


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1349613899489867"
data-ad-slot="1474477832">




万聖節 ( ばんせいせつ ) ってなに?

万聖節とは英語で


All Saints’ Day


といい、日本のお盆のようなものです。


死者の霊が親族を訪れると考えられています。


諸聖人の休日 ( Hallowmass / All hallow mass )
とも呼ばれ、キリスト教では全ての聖人と
殉教者を記念する日とされています。


200810_30_43_c0118543_9164264[1]



ハロウィンの起源は?


もともとはキリスト教ではなく、
2000 年以上昔のケルト民族の宗教に
ドゥルイド教というのがあったのですが、
その儀式の一つである


サウィン祭 ( Samhain )


が起源とされています


その後、カトリック系がケルト系を侵略します。


侵略後、カトリック系は異教徒の習慣を
良しとしませんでしたが、根絶するのではなく
都合のいいように手直しして自分たちの
宗教に取り入れていきました。


カトリックでは、11 月 1 日 を
聖者 ( Hallow ) の日と定めていたので、
前夜である 10 月 31 日が Halloween と
言われるようになったそうです。


 つ ま り 、


このケルト人の行う儀式が形を変えて
カトリックを信仰する民族に浸透したことで、
キリスト教の文化圏にも広がっていったそうです。


歴史的経緯からアングロ・サクソン系諸国で
盛大に行われるそうですよ。




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-1349613899489867"
data-ad-slot="2273005838">





すでに日本でもバレンタインデーと同じく
市民権を得たお祭り。
あなたも、プチ変身してお出かけしませんか?








 - 今日は何の日? ,

ツールバーへスキップ