高齢者の知恵

高齢者の独り言ブログです。

今日は何の日? 10月29日 世界脳卒中デー

      2015/11/06


10月29日 今日は「世界脳卒中デー」です




10月29日は、世界脳卒中機構(WSO)が定める

「世界脳卒中デー」


blog2_001[1]

脳卒中は、寝たきりや要介護状態になる最大の原因で、
しかも、死因の第4位を占めています。


生活習慣を見直して予防に努め、発症したら
できるだけ早く専門的治療を受けて、後遺症を
軽減することが大切です。


早期発見・早期治療を念頭に、この機会に自分の
健康状態を見直してみましょう。


image-preview[1]


脳卒中とは? 予防方法は? 症状は?


脳卒中は突然脳の血管が詰まったり、破れたりして
起こる病気です。


脳卒中には、脳の血管が詰まる

脳梗塞

脳内の細い血管が破れる

脳出血

能の動脈瘤が破れて脳の表面に出血する

クモ膜下出血

があります。



style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1349613899489867"
data-ad-slot="1474477832">




喫煙、アルコール分の摂りすぎ、塩分・脂肪の
摂りすぎ、肥満、運動不足を改め、

血圧、血統、コレステロールの異常や
心房細動という不整脈がみつかったら、
速攻で受診しましょう!
ここからは時間との戦いになりますから。



2301youzyou07[1]


脳卒中の代表的症状は、突然生じる、

片側の顔や腕のマヒ

言葉の異常(ろれつが回らない、言葉が出ない、他人の言うことが理解できない)

です。


これらの症状が突然現れたなら、脳卒中の可能性が
高いので、すぐに救急車を呼んでください。
時間との戦いです。
わずか1分早ければ助かるかもしれません。



脳卒中予防十箇条


1 手始めに 高血圧から 治しましょう

2 糖尿病 放っておいたら くい残る

3 不整脈 見つかり次第 すぐ受診

4 予防には タバコを止める 意思を持て

5 アルコール 控えめは薬 過ぎれば毒

6 高すぎる コレステロールも 見逃すな

7 お食事の 塩分・脂肪 控えめに

8 体力に 合った運動 続けよう

9 万病の 引き金になる 太りすぎ

10 脳卒中 起きたらすぐに 病院へ



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-1349613899489867"
data-ad-slot="2273005838">



特に女性は特有の危険遺伝子(ホルモンバランスの変化)もあり、
また長寿でもあるため、一生の間に脳卒中になる確率は
男性よりも高く、

そのうえ、身近な家族やパートナーが
脳卒中になったとき、女性が中心になって介護にあたらなければ
ならないので、日ごろからの知識が必要になります。


生活習慣の改善はもとより、脳卒中の危険性を
事前に察知し、早期に予防治療を始めるためには
専門医の検診が欠かせません。


さあ、あなたも今日を機会に生活習慣を見直しては
いかがですか。








 - 今日は何の日?

ツールバーへスキップ