高齢者の知恵

高齢者の独り言ブログです。

肌荒れでお悩みのあなた、その頑固な便秘、解消します!知識編

      2015/11/29





肌荒れででお悩みの女性必見!
薬に頼らず、しかも肌健康や内臓健康に悪影響ゼロで、
自然にお通じを改善する方法



便秘が原因の肌荒れでお困りではありませんか?



「お肌は内臓を映す鏡」と言われますが、
便秘が肌荒れの原因になることは多々あります。


便秘はただ単に排便が困難になるだけではなく、
美容にも大きな影響を与えることは既にご存じの方も
多いのではないでしょうか。

======================================

「もう一週間も出てない…」
「薬で一気に出したいけど体への影響が
心配で薬は飲めない…」
「かといって運動も続かないし…」


そんなガンコな便秘でお困りのあなたに
お通じをすっきり改善する方法をお教えします!



======================================


申し遅れました。
私、ブログの管理人「Tokuさん」です。

gentlemans-rules-133_01[1]

化粧品会社の役員です。


健康食品アドバイザー
としての
講演や学校での指導などもしています。


このページでは、
そんな私の専門的知識をお伝えしていきます。


=========================================


便秘と肌荒れの関係とは?


1 美肌は内側から実現するもの


肌トラブルの原因の1つとして、便秘が増えています。
近年では、便秘と肌荒れの関係性への注目が高まっていますし、
興味を持っている人も多いのではないでしょうか。


この両者が密接に関係していることは事実です。


便秘の解消は肌荒れの改善に繋がりますし、
便秘が長期化すればその分お肌の状態も悪化していきます。


だからこそ、

腸内環境を整えることの重要性

が叫ばれているわけです。


身体の外側を美しく保つためには、
まず身体の内側から美しくならなければなりません。





2 便秘から肌荒れが発生するメカニズム


便の滞留が腸内環境の悪化に直結する

2100[1]




便秘が慢性化すると、腸内には常に便が滞留している
状態となります。


便とは元々、摂取した食事から必要な栄養素を取り除いた後の
老廃物ですから、出来る限り早く体外に排出するべきものです。


いつまでも体内に便が残っていても、メリットは1つもありません。


長期的に便が体内に居座り続けることの問題点としては、
まず便の腐敗・発酵が進むことが挙げられるでしょう。


便が居座っていると善玉菌が減少し悪玉菌の勢力が
強くなってしまうため、

有害物質やガスが発生します。







3 有害物質は皮膚から排出される

有害物質が増えてくると、身体はそれを排出することで
防衛しようと図ります。


しかし便が詰まっているため、出口は塞がれています。


そこで有害物質は腸壁から吸収され、血液中に溶け出して
全身へ巡ることとなるのです。


こうした体中へと行き届いた有害物質は、汗や皮脂などの
形を借りて毛穴などから体外へ放出されます。
お陰で有害物質を体内に溜め込まずに済むというわけです。


ただし、肌細胞には元々お肌に溜まった汚れや余分な水分を
排出する機能があります。


有害物質の排出に手間を取られてしまうと、
通常の肌細胞の働きだけではお肌の新陳代謝が
追いつかなくなってしまいます。


そのため汚れを取り除ききれず肌荒れの原因となり、
お肌の状態が悪くなってしまうわけです。






4 自律神経の乱れによる悪循環

さらに、腸内環境の悪化は自律神経の働きを弱める
ことにも繋がります。


自律神経は新陳代謝を司っている部分ですので、
この働きが弱まればそれだけお肌のトラブルを起こし
やすくなるという面を持ちます。



免疫力も低下するため、荒れはじめた肌を自然に
整えるということも困難になります。


自律神経は腸機能とも深く関わっていますので、
バランスが乱れると排便のトラブルを招くことにも
繋がります。


つまり、便秘も肌荒れもますます酷くなるという
悪循環になりがちなのです。


便秘の具体的な改善策は、このサイトのどこかに
書いてあります。
ぜひ、参考にされてくださいませ。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1349613899489867"
data-ad-slot="8150879437"
data-ad-format="auto">



 - 便秘, 美容・健康

ツールバーへスキップ