高齢者の知恵

高齢者の独り言ブログです。

テクニカル分析でFXを攻略

      2016/01/07









テクニカル分析でFXを攻略


テクニカルとは簡単に言えばチャートに足しか表示
されてない状態から、ボリンジャーバンドやMACDなど
色々とプラスして表示されているグラフのことです。




インジケータの意味を理解する

例えばボリンジャーバンドは勝っているトレーダーも
表示させている人も多いです。


しかし、負けているトレーダーとはボリンジャーバンドの
捉え方が違います。


勝っているトレーダーは方向感が出始めたことを確認して、
順張りのトレードに活用しています。


一方負けているトレーダーは一番外の線の中に収まる確率は
98%だから、外の線にタッチすれば逆張りだと考えて、
勝っているトレーダーと逆の動きをとります。


テクニカル分析をしっかりするのであれば、しっかりと
意味を理解しないと逆の取引をしてしまいます。




20081206162605[1]











テクニカル分析の幻想

インジケータを表示させているとさも難しいことをして
すごく勝てそうな気がしますよね?


ただ、勝っているトレーダーが大量のインジケータを
表示しているかと言えばウソです。


むしろシンプルなチャートをしていることが多いです。


中には足のみで勝てるというトレーダーもいるくらいです。


そもそもそんなにたくさんのインジケータを表示したところで
全てが同じ方向を指し示すなんてことはほとんどありませんし、
仮に指し示したとしてもトレード回数は極端に減ります。


なぜ勝っているトレーダーがインジケータを多様しないのか
というと、全てが未来を予想するものでないからです。


つまりは有名なボリンジャーバンドも足が完成すれば
バンドが収縮しているだけで、ボラがでそうだから
広がっているわけでもありません。


それを未来を予想するテクニカル分析だと思っているから
勝てないのです。





テクニカル分析のまとめ

様々なインジケータを知り、好きなインジケータに精通して
使いこなすのがベストです。


しかし、テクニカルの過度な信頼は厳禁であくまでトレードの
目安として考えるようにしなければなりません。












 - FX, FXの仕組み

ツールバーへスキップ